大内文化探訪会

会長挨拶

会長:兼重元

会長:兼重 元

 本会は、中世の守護大名・大内氏の大内文化遺跡等の文献的研究及び現地探訪を行い、会員の生涯学習と親睦、健康増進を図ることを目的として昭和57年12月に発足しました。

 大内氏は、百済国聖明王の第三子、琳聖太子を始祖とし、聖徳太子の時代に周防の多々良浜に上陸、多々良氏と称して山口大内に居を定めた、との伝承があります。多々良氏の足跡は奈良時代に遡ることができ、周防国衙の官人であったと言われています。

 その後、大内氏は、14世紀末には、周防・長門・石見・豊前・和泉・紀伊の六国の守護となるなど勢力を広げ、応仁の乱では、西軍の有力武将として乱の終結のため大いに力を発揮しました。また、軍事面だけではなく文化面にも力を入れ、画聖雪舟を招き山水画を完成させるとともに、連歌師宗祇を招聘し「新選菟玖波集」編さんに協力しました。

 このように文武両道に優れて活躍した大内氏の足跡を訪ねて、山口県下はもとより中国地方、京都や和歌山まで探訪を行うとともに、一般市民を対象とした公開歴史講座を年間5回開催し、市民の啓蒙に努めています。これらの成果をまとめた会誌を年一回発刊しています。

 本会は、研修部・探訪部・編集部・総務部の四部によって、各部長を中心に自主活動を行っています。今後、五十周年を目指して息の長い活動をしていきたいと願っています。  

 学習・親睦・健康を目的とした大内文化探訪会への加入をご希望の方の当会へのご一報をお待ちしております。